上海で携帯を買ってみた はてブ はてなブックマークに登録

以前、中国で使っていたソニーエリクソンの携帯がバッテリ切れで使えなくなっていた^^; そりゃ6年も前の携帯だからな・・・。

今回、日本からはソフトバンク携帯を持ちこんで、国際ローミングを試してみたら、普通に使えた。着信料とかかかるし、高いけど、日本との連絡ならこれで十分だと感じた。

shanghai03b.jpg
だけど、現地の人たちと連絡を取りあったりするのに不便なので、上海のデパートで安い携帯を探してみた。

2G、2.5G、3Gで合わせると日本以上に多くの種類の電話が展示されている。この写真のようなカウンターがたくさんあって、モックがずらずら並べられていた。




普通の機種だと2400元以上(1元≒14円換算で3万円以上)する。最新機種はもっと高い。今回は電話だけできればいいということで、SAMSUNGの安売りブランド?のAnycallのデュアルバンドGSM携帯を購入した。

なんと199元(3000円くらい)^^; 安いw

中国の携帯は基本プリペイド方式なので、これに75元(1200円)くらいのSIMカードを買うと50元くらいの通話料がついている。1回の通話は1~2元で、不足したらプリベイドカードで追加する。

おかげで北京に着いたときとか、打ち合わせ時間や場所の変更など、現地の人に気軽に連絡できて便利でした^^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nabe.jp/mt/mt-tb.cgi/29

コメントする

プロフィール

なべ  なべラボのなべ
 
 twitter nabe2030

なべのついった用のモバログです。
技術情報の「なべラボ」と違い、お休みモードなのです。
ITmediaオルタナティブ・ブログも書き始めました。
ライターは本業の邪魔にならない範囲でw